AIカウンセリング|ChatGPTを使って、セルフカウンセリングをする方法

PR









精神科医がこころの病気を解説するChさんの動画を紹介させていただきます。

ChatGPTの効果:
増田院長は、ChatGPTの効果に感動しており、これを使ったセルフカウンセリングの方法を人々に急いで伝えたいという思いを強く持っている。ChatGPTは、特に発達障害を持つ人々にとって有用なツールである可能性がある。

AIと認知行動療法:
ChatGPTはAI技術を利用しており、認知行動療法(CBT)にも適用できる。AIは一般的なアドバイスを提供するため、認知のずれがある人々には特に有益である。しかし、その使用は自己責任であり、重い症状の人は利用を控えるべきである。

使用方法:
増田院長のTwitterや動画を通じて、ChatGPTを使ったセルフカウンセリングの方法を学ぶことができる。特定の質問の仕方やトレーニング方法を学ぶことが重要である。

言語の問題:
ChatGPTは英語が主で、日本語での使用はまだ十分に賢くない。そのため、英語を使ってDEEPLなどの翻訳ツールを併用すると良い結果を得られるかもしれない。

個別のケースへの応用:
動画では、具体的なクライアントの悩み(例:気分の落ち込み)に対して、ChatGPTがどのように応答するかのデモンストレーションが行われている。これにより、実際のカウンセリングのシチュエーションでChatGPTを効果的に使用する方法を視聴者は学べる。

ChatGPTを使って、セルフカウンセリングをする方法